ツブヤキ

子宝に恵まれず、「子どもを育てたい」という思いから里親に。

その気持ちは「実の親と暮らせない子どもを家庭の愛情の中で過ごさせてあげたい」という気持ちに変わってきました。

2011年、2歳の女の子の里子を預かり、その後特別養子縁組。

私たち夫婦は親らしいことはなかなかできず四苦八苦していますが、子どもはそれなりに元気に育っているようです。

少しでも多く、「里親になって子どもたちを暖かい家庭で育んでくれる」方たちが増えることを願って。

 (「カテゴリー」の「ツブヤキ」へどうぞ。2016年3月11日以前の記事はこちらへ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加