なぜこのブログを書くことになったのか?

このブログを始めるきっかけになったのは、2011年、東日本大震災により発生した福島第一原発事故による放射能の影響を懸念し、妻が子どもを連れて妻の故郷宮崎に避難したために、私が埼玉で半ば一人暮らしとなったことでした。

私は、養育を始めてわずか3ヶ月後に離れて暮らすことになった2歳の里子のことや、腑に落ちない原発事故後の政府その他関係者の対応について思うことなどをブログに書くことによって、そのもやもやした気持ちを解消しました。

当初は、ネットで小遣い稼ぎでもしようかと思案していたときに考えていた「白やぎ屋本舗」というタイトルでスタートしましたが、里子についての記事が多くなったため、途中で「しろやぎさんの里親日記」に変えました。

少し遅れて、私が読んだ本を紹介するブログをスタートさせましたが、2つのブログを同時に管理することに煩わしさを感じて、途中でこの「しろやぎさんの里親日記」と統合しました。

そんなわけで、記事は、家庭での出来事や他愛もないこと綴る「ツブヤキ」と、私が読んだ本を紹介する「読書の時間」の2本立てとなっています。

気が向いた時にのぞいていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加